Wedding Report

ウエディングレポート

WEDDING THEME
スタイリッシュで洗練された空間と
ゲストへのおもてなしがパーティを印象的に

  • WEDDING DATA

    季節
    2017年10月
    挙式スタイル
    チャペル・人前式
    人数
    73名様

「上質な空間でゲストをおもてなし」をテーマに、シンプルでスタイリッシュな雰囲気の会場を探されていたおふたり。安藤建築の雰囲気&インテリアのすべてが五感に響き、理想通りの空間でウエディングを叶えられました。当日はゲストを第一に考えられるおふたりのきめ細やかなおもてなしが光り、終始和やかなパーティになりました。

おおらかでとても優しい新婦様想いの新郎様と、明るく気さくでおしゃれな新婦様。新郎様のご実家は大阪、新婦様のご実家は岡山ということで、遠方からのゲストも多くいらっしゃったおふたりだけに、ゲストとの時間をなにより大切にされていました。
挙式会場では、新郎新婦のお父様が立会人となって指輪交換、ゲストの前で誓いの言葉を。挙式後のセレモニー、お子様たちへのサンクスバイト、ご友人へのサプライズブーケ、ビールサーバーでのお色直し入場など、おふたりらしい温かさが伝わる演出をちりばめ、余興は控えめにしてゲストとの時間をたっぷりと。ゲストへのおもてなしを第一に考えた和やかでアットホームなパーティは終始笑顔に包まれました。

  • スタイリッシュな会場に映える
    白いカラーの装花で印象的に

    会場の雰囲気を左右する装花は、フルオーダーでフローリストと打ち合わせを重ねてコーディネート。清楚で気高いカラーをメインにした装花はネイビーのテーブルクロスともよく映え、メインバッグにはハンギングとしてディスプレイも。新郎新婦様のおしゃれな印象と相まって、シンプル&スタイリッシュな会場をさらに洗練された印象に。

  • すらりとした長身にお似合いの
    スレンダーなドレスライン

    身長の高い新婦様にお似合いの、スレンダーラインのウエディングドレス。挙式では胸元に総レースをあしらったデザイン、そしてお色直し時には、バック一面にオーガンジーをあしらったシンプルで大人っぽいドレスで再登場。ウエディングドレスからウエディングドレスにドレスチェンジするアイデアもセンスの光る新婦様ならでは。

  • 普段つけられるものを、と
    人前式では時計交換を

    大切なゲストに見守られる日におふたりが選ばれたのは、宗教色のない人前式。指輪を普段つけないおふたりにとっては、いつも肌身離さず着けられるものとして時計を指輪交換の代わりに。挙式では新婦様のいとこが時計サポーターとして登場し、微笑ましい祝福に包まれました。挙式の瞬間から同じ時を刻む時計は、永遠の思い出になることでしょう。

  • ひとりひとりに、手紙を綴るように。
    ネームカードでお出迎え

    ゲストが挙式前の時間を過ごすラウンジスペースには、シンプルシックなオブジェとともにオリジナルのワックスシールを添えたおひとりおひとりへのネームガードをご用意されました。ネームカードの裏にはふたりの想いがつまったメッセージが添えられており、心地の良いもてなしを演出されました。

  • ゲストの顔を浮かべながら
    両家の御両親と決めたお料理

    ゲストのおもてなしを重要視するおふたりだけに、料理へのこだわりは真剣そのもの。基本はプリフィックスコースからセレクトし、素材や味、見た目はもちろん、食べやすさにも配慮。ご両家のご両親と一緒に、ゲストに満足していただけるものを1品1品丁寧にお選びになりました。

  • お色直し時はサプライズ!
    ビールサーバーで登場

    ゲストの皆さんとの時間をゆっくり楽しみたいので、演出や余興は控えめにしたいと希望されたおふたり。お色直し時にはサプライズでビールサーバーを背負って登場。各テーブルを回りながら、ビールを注ぐ新郎新婦様との会話にゲストの皆さまも大盛り上がり。自然体で会話を楽しみつつ会場が盛り上がりました。


プランナーより

改めまして…ご結婚、誠におめでとうございます。おしゃれで、洗練された雰囲気をお持ちのおふたりをご見学の際にお見かけした時から、おふたりのウエディングがどのような1日になるか想像しておりました。担当としてお手伝いすることができて心から嬉しく思います。当日は、温かいゲストの方のたくさんの笑顔に囲まれているお姿を見て、更におふたりの人徳を感じました。おふたりならきっと素敵なご家庭を築かれるのだろうなと確信しています。これからも、末永くお幸せに。