【注目イベント】
大切な日を託すフローリストとDIY!
手作りリングピロー講座を開催しました

191pv

16427278_1237049486390387_7822016661596845888_n

2月5日、ザ・ヒルサイド神戸では
ブライダルフェアを開催しました。
今回のテーマはDIY。
ブライダルシーンで活躍するフローリストを講師に迎え、
リングピローを手作りしました。

講師は望月香都葉さん。
多くのウエディングを手がけられており、ご自身も半年前に
ここ、ザ・ヒルサイド神戸で挙式をされたばかり!
そんな望月さんが今回のために選ばれた素材は、
あじさいとモスのプリザーブドフラワー。

夏(正面) (1)x (1)
「ザ・ヒルサイド神戸のイメージにあわせて
グリーンとあじさいで、大きなケヤキの木を、
シックなグレーの器でコンクリートの
スタイリッシュな空間を表現しました」。
さて、この材料がどんな作品になるのでしょうか?

まずは、あじさいを針金で固定します。
ドライフラワーは繊細で壊れやすいため、
そっと扱うのがコツ。

SONY DSC

針金をきつめに巻けばタイトに仕上がり、
ゆったりまとめるとグリーンが広がって
大きく見せることができます。
花嫁さんのヘッド生花も
同じやり方で作られるんですって!

つづいてスポンジにホットボンドをつけてモスを固定します。
ホットボンドはすぐに固まってしまうので、スピードが勝負!

SONY DSC

おひとりがボンドを押し出して
もうおひとりが、手早くモスを貼り付け。
息ぴったりに進められていました。

こちらに、さきほど針金でまとめたあじさいを
スポンジに刺し込んでいきます。

SONY DSC

望月さんのおすすめは
グリーンが3つにホワイトが1の奇数あわせ。
全体がまとまりやすくなるコツだそうです。
普段のフラワーアレンジにも応用できそうですね。

片側にお花をまとめてもいいですし、
ランダムに散らせても可愛く仕上がります。

SONY DSC

SONY DSC

お好みのイメージで
あじさいを配置すれば、リングピロ―が完成!

「ザ・ヒルサイド神戸は、いい意味で
式場らしくないところが魅力。
花やグリーンのアレンジによって、
まったく違う会場になるんです」と望月さん。
コンクリートグレーの空間にナチュラルテイスト
のアイテムが一際映えます。

さらに、プリザーブドフラワーを追加して
イメージチェンジすることも可能。
また、リングピロ―としてだけでなく
お部屋を彩るアイテムとしても
アレンジできます。
ご結婚式で使うもよし、おうちに飾るのもよし。
すてきなお土産ができました♪

3組様限定ということもあり、
わずか1時間という時間にも関わらず
あっという間に和気あいあいとした雰囲気に。
自然体で過ごされる時間や、交わされる会話の中に
「おふたりらしさ」のヒントがたくさん詰まっています。

おふたりの空気感をしっかりと感じ取り、
花と緑で表現していくフローリストと一緒に
楽しいひとときをお過ごしいただきました。

16427278_1237049486390387_7822016661596845888_n
人生において、かけがえのないイベントであるウエディング。
言葉にできない思いを、お花やグリーンに託して。

ザ・ヒルサイド神戸では、これからも
ウエディングを支えるプロたちと
直接コラボレーションするイベントをどんどん企画していきます。

次回4/15(土)開催のフェア詳細はこちら

次回はウエディングアイテムのDIYを無料体験いただけます!

お楽しみに!

 

次回4/15(土)開催のフェア予約はこちら